今人気の保険見直し会社で無料相談!詳細ロコミランキングでチェック!。

【海外旅行保険】カードや健康保険も活用

Three women in the confetti, celebrating the birthday

 

海外旅行は、病気やケガの治療費が心配になります。
そこで、海外旅行には、海外旅行保険が不可欠になります。

クレジットカードに加入している方は、多いと思います。
海外旅行保険が付帯されているカードも多く、海外での事故や治療に利用できますがゴールドカード等を除くとカードで補償する費用が十分とはいえません。
不足と考える分を旅行保険で補うのが効率的です。

公的健康保険は、海外での治療にも有効です。
海外で支払い、帰国して健康保険医申請して還付を受けるのでお金が入るまでに時間がかかります。

 

クレジットカードの海外旅行保険

JR東日本の発行するビューカードを例に取り海外旅行保険を見ると以下のようになります。

補償内容ゴールドスイカカードスイカカード
死亡・後遺障害最高5,000万円最高500万円
1障害治療限度額100万円50万円
1疾病治療限度額100万円50万円
1事故賠償責任3,000万円なし
携行品損害20万円なし
救援者費用100万円なし

 

カードで旅行代金を支払う条件付きの海外旅行保険は補償額がもっと大きくなりますが、ビュースイカカードだけで海外旅行保険は不足し海外旅行保険と組み合わせる必要があります。

 

複数の海外旅行保険の組み合わせ

クレジットカードを複数所有する場合で複数の海外旅行保険がついている場合の補償は、以下になります。

  •  死亡・後遺障害は最高額が適用(1枚のカードのみ)
  •  死亡・高障害以外は補償額を合算(複数のカードが使える)

損害賠償責任や携行品損害は、複数のカードを使い分けることが可能です。
しかし、治療費や救援者費用は、高額のケースで数千万、チャーター機で日本に戻るような場合1億円位かかることもあります。

高額になる治療や救援費用を複数のカードで支払うのは金額の用意や交渉が難しく、1つのカードあるいは旅行保険で対応することになります。

 

クレジットカードの旅行保険に上乗せする「クレカプラスt@biho」

「クレカプラス」は、クレジットカードの海外旅行保険に上乗せするジェイアイ損害火災保険の海外旅行保険です(提携するクレジットカードに限定)。

 

□ 治療・救援費用を無制限にした例

治療・救援費用無制限に緊急歯科治療10万円のケースでの旅行例を以下に示します(その他の費用はクレジットカードの海外旅行保険で対応になります)。

  •  韓国・台湾3日間で560円
  •  北米・ハワイ6日間で1,730円
  •  アフリカ7日間で1,890円

 

□ おすすめプラン

以下の保障内容(上限)を例に保険料の目安を示します。

  •  ケガによる死亡・後遺障害:3,000万円
  •  疾病による死亡:1,000万円
  •  治療・救援費用:5,000万円
  •  緊急歯科治療:10万円
  •  個人賠償責任:1億円
  •  携行品損害:30万円
  •  航空機寄託手荷物遅延:1万円
  •  弁護士費用等:100万円
  •  テロ等対応(日額):1万円

 

以上の内容で保険料は、以下になります。

  •  韓国・台湾3日間で1,550円
  •  北米・ハワイ6日間で2,980円
  •  アフリカ7日間で4,260円

 

□ クレカプラス限定取り扱いカード

クレカプラスは、以下のカード所有者に限定した保険です。

  •  MUFGカード
  •  DCカード
  •  UCカード
  •  UCSカード
  •  ニコスカード
  •  セゾンカード
  •  オリコカード

 

海外での健康保険

治療目的での海外旅行を除いてやむを得ず海外で受けた治療費は、健康保険が利用できます。

  •  海外の治療の診断書などをもらい翻訳
  •  翻訳した書類をつけて健康保険の窓口に申請
  •  同じ治療を日本で受けた場合の費用の7〜9割が還付

海外旅行保険の保険金(治療費など)とは別に還付されるので翻訳などの手間がかかりますが、ある程度の金額になると健康保険の窓口に問合せてみることを勧めます。

ランキングバナー

関連記事