今人気の保険見直し会社で無料相談!詳細ロコミランキングでチェック!。

不妊治療を保険でカバーする「ニッセイChouChou!シュシュ」

The bride who has a bouquet

 

「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険“ChouShou!”シュシュ」は、将来出産を計画している女性向けに3大疾病・出産・特定不妊治療をカバーする保険です。

 

不妊治療の費用

不妊治療は、病気の治療とみなされないので健康保険の対象外の治療が多く、適用外治療には高額療養費制度も使えず、すべて自己負担となり治療費が高額になります。

不妊治療法には、以下があります。

治療法健康保険費用の目安
タイミング療法適用1回数千円
人工授精適用外1回15,000円程度
体外受精適用外1回20〜50万円
顕微授精適用外1回40〜60万円

 

1回の治療で受精するとは限らず、100万円以上の費用がかかるようです。

 

国や自治体の受精制度

国や自治体にも助成制度が整備されてきています。

 

□ 厚生労働省「特定治療支援事業」

この制度は、43歳未満の女性の不妊治療に以下の助成金を支給します。

  •  体外受精や顕微授精の初回に30万円
  •  その後は1回あたり15万円
  •  夫婦合算の所得が730万円未満(収入額から控除額を引いた額)の制限

 

□ 自治体の助成制度「東京都の例」

東京都は、35歳未満の夫婦を対象に、国の特定治療支援事業の対象外になっている体外受精のための検査など初期の治療に上限5万円を助成します(1回かぎりで2018年3月までに開始予定)。
その他に、国の特定治療支援事業への上乗せがあります。

 

「ニッセイChouChou!シュシュ」

この保険は、16歳から40歳までの女性向けの商品で、以下の特徴のある保険です。

 

□ 3大疾病を保障

所定のがん(悪性新生物)・求心性心筋梗塞・脳卒中になると一時金300万円を受給できます。
がん(上皮内進生物等)は、一時金30万円受給できます。

 

□ 業界初の出産と特定不妊治療をサポート

出産すると回数制限なく、出産回数に応じて増額される給付金を受給できます。

  •  1人目は10万円
  •  2人目は30万円
  •  3人目は50万円
  •  4人目は70万円
  •  5人目以降は100万円

 

所定の特定不妊治療を受けると最大12回まで給付金を受給できます。

  •  1回〜6回目までは1回5万円
  •  7回〜12回目までは1回10万円

 

□ 死亡時

死亡時には死亡保険金300万円を一時金で受給できます。
ただし、3大疾病保険金といずれか一方の支払いになります。

 

□ 満期時には一時金

保険期間満了時に一時金で最大200万円受給できます。
ただし、保険期間20年の場合、出産や特定不妊治療を差し引いた額になります。

 

保険料の例

保険料は契約年齢と保険期間で変わります。

保険期間10年15年20年
16歳9,537円9,621円9,747円
20歳9,633円9,747円9,894円
25歳9,825円9,972円10,086円
30歳10,128円10,227円10,233円
35歳10,557円10,518円適用外
40歳10,869円適用外適用外

ランキングバナー

関連記事