今人気の保険見直し会社で無料相談!詳細ロコミランキングでチェック!。

歩いて貯金「スマートウエルネスシティー」プロジェクト

AdobeStock_57084992

 

前回、ウエアラブル端末とスマホアプリをペアリング(接続)して日々の歩数を計測し、支払対象期間中1日あたりの平均歩数目標8,000歩を達成すると最大で保険料の1割程度をキャッシュバックする“キャッシュバック型生命保険「東京海上日動あんしん生命【あるく保険】”を紹介しました。
保険ではないのですが、歩いてポイントがたまる健「幸」社会の実現を目指す「スマートウエルネスシティー」プロジェクトを紹介します。
また、ドコモは、歩くだけでdポイントが貯まる「歩いておトク」アプリを提供しています。

歩くことで健康が増進して、キャッシュバックや商品と交換できるポイントがたまりWin-Winの相乗効果が期待されます。

 

「スマートウエルネスシティー」プロジェクト

このプロジェクトは、久野譜也筑波大教授の研究・実践活動を元にして2014年から国の補助事業として採用され、ポイント制度が始まりました。

 

目的

このプロジェクトの目的は、健「幸」社会の実現により以下を目指しています。

  •  高齢になっても地域で元気に暮らせる「社会貢献」
  •  健康づくりで医療費抑制

 

医療費抑制効果は、新潟県見附市における健康づくり教室の高齢参加者(平均年齢70.1歳)の医療費が参加しない高齢者(平均年齢70.2歳)の医療費に比べ1人あたりの医療費が3年後には年額約10.4万円低くなっている例があります。

 

参加自治体

この研究会に参加しているのは、以下の自治体があります。

  •  見附市
  •  岐阜市
  •  豊岡市
  •  伊達市
  •  三条市
  •  三島市
  •  新潟市
  •  取手市
  •  浦安市
  •  さいたま市
  •  多摩市など42市町村

さいたま市の取組

さいたま市の「スマートウエルネスさいたま」は、多くの取組をしていますが、その中の一つの健康マイレージ事業を紹介します。
さいたま市以外も、自治体独自の活動をしています。

  •  健康マイレージ

通信機能付き活動量計またはスマホアプリを利用して、歩数や各種健診の受信に応じてポイントが付与されます。

 

  •  参加対象者

さいたま市に住民票のある20歳以上の市民です。

 

  •  参加方法

活動量計(10,000人)またはスマホアプリを利用して参加します。

 

  •  参加費

スマホアプリでの参加は無料、活動量計での参加は郵送料700円程度がかかります。

 

  •  健康マイレージのポイント

1日8,000歩以上は5ポイント、健診の受信1回につき15ポイント(年間3回まで)が付与されます。

 

  •  ポイントの交換

蓄積したポイントは、各種特典と交換できます。
一般参加者は、景品に応募(抽選)できます。
応募時65歳以上の参加者は、奨励金と交換できます。

ランキングバナー

関連記事