今人気の保険見直し会社で無料相談!詳細ロコミランキングでチェック!。

【女性向け生命保険】日本生命「ChouChou!(シュシュ)」

girls

 

日本生命は、”ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険「ChouChou!(シュシュ)」”を2016年10月に発売し、独身・既婚を問わず加入があり、両親が娘のために契約ことも多いそうです。
この保険は、出産と特定不妊治療をサポートする業界初の保険です。

 

特長

ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険「ChouChou!(シュシュ)」の特長を以下に示します。

  • がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病にかかると3大疾病保険金300万円
  • 上皮内新生物(がん)にかかると上皮内新生物保険金30万円
  • 死亡時には死亡保険金300万円
  • 出産給付金の支払い回数は制限なし
  • 不妊治療を受けると特定不妊治療医療給付金最大12回
  • 保険期間満了時に生存していると満期一時金最大200万円

 

加入できるのは、16歳から40歳までの女性で、保険期間は10年、15年、20年のいずれかです。

 

出産給付金

加入1年後以降に出産すると以下の給付金を受け取れ、支払い回数に制限はありません。
出産回数が増えると給付金額が大きくなります。

  • 1人目は10万円
  • 2人目は30万円
  • 3人目は50万円
  • 4人目は70万円
  • 5人目以降は100万円

多くの子供をほしい方は、不妊治療の可能性も考慮して、この保険に加入するとメリットがあります(5回出産すると給付金総額260万円)。

 

特定不妊治療

加入2年後以降に不妊治療を受けると以下の給付金を最大12回まで受け取れます。

  • 1回目から6回目までは1回につき5万円
  • 7回目から12回目までは1回につき10万円

 

満期一時金

保険期間満了時に生存していた場合に、保険期間に10万円をかけた額(保険期間20年は200万円)から以下の額を差引いた額が0以上の場合に満期一時金を受け取れます。

差し引く額は支給された給付金額から5,000円を減額して合計した額になります。

 

保険料

加入年齢25歳、保険料払込期間・保険期間20年、満了時45歳で上記保障ケースの保険料は、月額10,086円です。
このケースで払込保険料の総額は、2,420,640円になり、給付金を1回設けない場合の満期一時金は200万円なので、約42万円が実質の保険料になると言えます。
満期保険料はなくなるか減額されますが、給付金の例は以下になります。

  • 子供3人(回)出産すると900,000円
  • 10回不妊治療を受けると700,000円
  • このケースでの満期一時金465,000円
  • このケースでの受取総額は2,065,000円

 

死亡するケースでは、300万円の保険金を受け取れます。
リビングニーズ特約がついているので、余命が6ヶ月以内と診断されると請求日から6ヶ月間の所定の利子を減額した額を死亡保険金300万円から差し引いた額を生存中に受け取れます。

 

ランキングバナー

関連記事